読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gold soundz blog

主に好きな音楽のことを書いてます

Grand Prix

Teenage Fanclub

ノーマン、ジェラルド、レイモンド、3人の優れたソングライターを擁するこのバンド。


このアルバムまではレイモンド・マッギンリーという人はどちらかというと作曲面に関しては第3の男、言わばビートルズジョージ・ハリスン的な存在だったかと思うのですが、この4thアルバムでその存在感が一気に高まったのではないでしょうか?


「アティテュードなんか必要無い。僕は歌が良いことだけを望んでる。ハッタリが大嫌いだ。」と歌う彼の作曲した5曲目"Verisimilitude"は私にはとても重要な曲です。