gold soundz blog

主に好きな音楽のことを書いてます

AFCアジアカップ2007予選 日本 × イエメン

取り敢えず何れもセットプレーからの得点で2点差で勝てたのは良かった。でもなんかこう、引いてゴール前に人数を掛けるチーム相手をどう崩すか。こういうアジアでの試合に僕らも慣れてきちゃた訳ですが解決策はあるのか。オシム監督インタビューを引用します。

サッカー|日本代表|スポーツナビ
 率直に申し上げて、今日の試合はスポーツジャーナリストである皆さんには不満の残る試合ではなかったかと心配していた。ところが、そういう内容の質問が出てこないことが不思議で仕方がない。私は決して逃げることはしない。(会社などから)聞けと言われた質問ではなく、皆さんが聞きたい質問をしてほしい。堂々巡りではなく、率直な質問をぶつけてほしい。日本のサッカーの何が一番面白いのか、それを書くことを皆さんは仕事にしているのではないのか?

――この合宿ではスピードの緩急をつける練習をしていたと思うが、前半はスピードが上がりきらないうちにクロスを入れてしまうようなケースが見られた。どう思ったか?

(質問には答えず)それでは皆さんに代わって、私が(今日の試合の)不満な点を申し上げる。私は不満だ。それはディフェンスでのボール回しが非常に遅かったことだ。しかも各駅停車並みだった。だから相手の陣形を崩すことはできなかったし、相手のディフェンスラインを左右に動かすこともできなかったし、スペースができない。ボールが相手陣内に到達すると、もう相手は戻ってきている。味方はそのときにフリーであっても、数的優位を作ることができない。それというのも、ディフェンスラインのボール回しが遅かったからだ。だから中盤で不利な状況が生まれた。それが一番の不満だ。


なるほど、確かにワールドカップ見てても強いチームはディフェンスラインのボール回しにもっと意図を感じた。それがゴールまでのスピードに、相手より先手を打つ事に影響しているなんて。目からウロコのお話ですねえ、こりゃ。そして、その前の記者に対して質問の仕方への要求も渋いですね。


今後、似たようなシチュエーションでのアジアでの予選が楽しみですね。ディフェンスラインに注目ってことで。