gold soundz blog

主に好きな音楽のことを書いてます

昨日のカメルーン戦

ナイスゲーム!ワールドカップ初戦、前評判の悪さは日本代表史上屈指のチームが勝っちゃいましたね。


どちらかというと楽観的な性格の僕ですら今回はあまり期待してなかったのですが、本当に嬉しい。守備ブロックをきちんと整えて選手間の距離のバランスを良くして無駄走りをなくそう、というコンセプトが見えたイングランド戦からよくなってきたかな、とは思ってたけど。


でも、前回大会の直前のドイツ戦も良かった、でも勝てなかった。本番が始まっても先制したのに勝てない、そのまま1勝もできず。という成績だったので。


昨日は本田がすごく良かったと思った。ゴールを決めたことはもちろんですが、彼の1トップ起用が見事にハマったと思う。ぶっつけ本番でしたが、チーム全体がしっかり距離感を保つ、バランスをとるためにはまずトップの位置でボールを落ち着かせる必要があり、強くて上手いガイジン達を相手にその役をこなせるのは今の日本には本田しかいない。


バランスが良くなったから、無駄走りが無くなったから、余裕ができて球際で勝てた、セカンドボールを拾えた、だから最後までしっかり守り切れたのかなと。今までの試合とそこの部分が全然違うと思う。


確かに守備重視の戦術ですが、こういうシンプルだけどはっきりしたコンセプトを持ったサッカーは見てて面白い。直前まで心配させておいてぶっつけ本番でびっくりするような選手起用をして、あんな理想的な勝ち方するなんて、岡田監督も「持ってる」のかな。


オランダ戦もこれを続けて欲しい。もし勝てたら最高ですね。