gold soundz blog

主に好きな音楽のことを書いてます

Licensed To Ill

Licensed to Ill

Licensed to Ill

1986年のデビューアルバムを改めて聴いてみる。ブラック・サバスツェッペリンとクラッシュをサンプリングしてラップを乗せてっていう凄い作品。この熱気と力の抜け具合の絶妙なバランス。これも紛れもないロックの名盤。

M7”Fight For Your Right”とかM12”Slow And Low”とか、もちろんカッコ良いんですが、僕の大好物は、その1曲ずつ前のポップなM6”Girls”、M11”Brass Monkey”で。

 

Girls

Girls

 

Brass Monkey

Brass Monkey