gold soundz blog

主に好きな音楽のことを書いてます

Imperial Bedroom

7枚目となるこのアルバムですが、旺盛な実験精神ではコステロ史上でも屈指の作品ではないでしょうか。


プロデューサーはビートルズのミックス等を手がけていたジェフ・エメリック。メロディー&ハーモニーを最優先しつつ、ややサイケ、曲構成はヒネクレて要するにコステロ版サージェントペパー。


全曲良いですが、私の場合、7曲目".....And In Every Home"のピッコロトランペットにストリングスでノックアウトされ、9曲目"Human Hands"、11曲目"Little Savage"でコステロ命になりました。