gold soundz blog

主に好きな音楽のことを書いてます

Brighten The Corners

90年代初頭にローファイと呼ばれたバンドですが、元々音楽に対する好奇心は人一倍強く、またキャリアを経たために”成長してしまって”、そこに多少なりともあった「今に見てろ!」という思いが後押しして、とてつもなく素晴らしい仕事をしでかしたのがこのアルバム。


4枚目となるこのアルバムでは、元々彼等の魅力であり個性であったヘンテコな部分をきっちり残しつつ、より多くの人々をも納得させることが出来た点が画期的。


ハイテンションな彼等流ロックンロールであるオープニング曲"Stereo"、渋い名曲"Shady Lane"、そして9曲目"Blue Hawaiian"のギターソロなんかも聴きドコロ。