gold soundz blog

主に好きな音楽のことを書いてます

Leave Home

最近、iPodで繰り返し聴いているのがラモーンズ。定期的な周期で集中的に聴きたくなるバンドです。


どちらかっていうと地味なポジションのこの2ndですが、非常に優れたパワーポップの名盤。僕の場合、1曲目"Glad To See You Go"、6曲目"Suzy Is A Headbanger"、14曲目"You Should Never Have Opened That Door"などベスト盤やライブ盤にあまり入ってこない曲がむしろ好きだったりします。


上記リンクのRhinoからのリイシュー盤は\1,575でボーナストラックで初期ライブ音源が付いてます。

また、こちらのブログのYou Tubeへのリンクで解散ライブの映像を見ることができます。
http://blogs.yahoo.co.jp/remones74/35395698.html

ラモーンズのラストショウの2曲。
RAMONES」と「53rd&3rd」

のところに感動。最初の"RAMONES"は元々モーターヘッドラモーンズへのトリビュートソングで、それをラストアルバムでラモーンズが「カバーした」のですが、このラストライブではモーターヘッドの人がゲスト参加してるっていう映像。1st収録曲"53rd&3rd"にはアメリカのパンクバンド、ランシドのメンバーが参加。53rd&3rdというキーワードに別方向から反応してしまう人も多いと思うのですが、ランシドとBMXバンディッツとかを一気に繋いでしまうところがラモーンズってやはり偉大。